第123回 味覚障害とは

竹内歯科医院の志賀です。画像の説明

 味覚の感度が低下したり、消失したりする状態が味覚障害です。

 甘味、酸味、塩味、苦味、旨味などの味覚が低下したり、何を食べても味を全く感じなくなることもあります。

 また、口の中に何もないのに塩味や苦味を感じることや何を食べてもまずく感じてしまうことなどの症状もあります。

 このように本来の味と違った味がすることも味覚障害です。

                      デンタル・ハイジーン 2015年1月号より

コメント


認証コード8508

コメントは管理者の承認後に表示されます。